「えっ、審美?そんなの関係ないよ。保険で十分でしょ」
「今は、前歯でも保険で白くなるんでしょ?だったら、保険で十分だよ」
「奥の歯は別に、見えないから銀歯でもいい」


このようにおっしゃる方は、まだ多いです。

ほとんどの方は保険での治療が十分な治療だと思われています。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

実際に歯科診療をしている側から見ると保険診療には明らかに限界があるというのが実際のところです。

 

まず、保険の前歯のかぶせものですが、これは「硬質レジン前装冠」といいまして、簡単に言うと固いプラスチックを金属の上にかぶせている、というものです。これは表面がプラスチックですので、平均的には2〜3年程度で変色してしまいます。皆さんの周りの方でもいませんか?前歯の色が明らかに他の歯と違う、黄色っぽく変色した歯がある方

また、保険の前歯の場合、変色はしていなくても、プラスチックですので、天然の歯の色、ツヤ、透明感を出そうと思っても、それを出すことができないのです。ですから、変色していなくても、「あっ、他の歯と違うな」と感じてしまいます。

保険の前歯はプラスチックですので、変色だけでなく水分を吸収して、口臭の原因となることもあります。

 

次は奥歯ですが、前から4番目の歯を保険が適用される銀歯にすると、笑った時にキラッと見えてしまう方が多いです(口の大きさによって変わります)。また、もっと奥の歯でも、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、たとえ奥歯であっても、かなり見えてしまいます。人と話をしていて、「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか。

もちろん、銀歯が入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」という方がほとんどです。しかし、白い歯を入れたくても、金銭的な事情で入れられない方が多いのが実情です。

ということは、「別に銀歯で良いよ」と言っている本人は気にならなくても、それを見ている人の多くは気になっているのではないでしょうか。

 

歯科増田医院のスタッフ全員、あなたの健康と笑顔、そしていつまでも続く美しさを願っています。

あなたの日々の生活を充実させるために『美しい歯』を取り戻す治療を行っています。

見た目が既に気になっている方には、次のような対処方法があります。

 

1.クリーニング
歯の表面についた着色やタバコのヤニをお取りします。
歯石が付いている方は、この治療の前にスケーリング(歯石除去―保険適応)が必要です。



2.ホワイトニング
タバコを吸っている方は、ご遠慮ください。

歯をお薬で白くします。

   ・歯を削らない
   ・麻酔を使わない

 

3.ダイレクトボンディング

保険で認められた材料に比べて、より審美的で、より強度があり、変色、変質の少ない樹脂を歯につめます。ただし、メンテナンスは必要です。


4.ハイブリッドセラミッククラウン、インレー
セラミックに硬質レジンを加えた、ハイブリッド型(混合型)の材料を使います。
硬さが硬すぎず、保険のレジンより強度的にも審美的にもすぐれています。
色調がセラミックに劣ります。

 

5.メタルボンドクラウン    

金属に陶材を焼き付けた構造になっており、審美的にすぐれています。

 

いずれを選ばれるにせよ、どんな方法があなたに最適か、十分時間をお取りしてカウンセリングを行います。

 

その際にあなたのご希望をよくお聞きし、どんな方法が適しているのかを一緒に考えます。

 

そして、費用や注意点等を御説明します。

 

ご不明な点、心配なこと、何でもご相談ください。そうして治療の方法が決まったら、その後処置、治療に入ります。

 

お名前: ※必須
性別: 女性  男性 ※必須
年齢:
メールアドレス: ※必須
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない

 


 

このページのトップへ